冷え性は改善すべき

冷え性で起こる症状は

冷え性が与える悪影響

冷え性の人は体温が上がらないので、免疫力が低下しやすいです。特に冬場はインフルエンザウイルスが活性化するので、免疫機能が働かないとインフルエンザになるリスクが高まります。さらに代謝も低下するので、太りやすくなります。加齢によって代謝は下がるため、30代以降で冷え性だと少しの運動や日常的な動作だけではカロリーを消費しにくくなります。これらの影響を防ぐには、マッサージなど日頃から体を温めることが大切です。

↑PAGE TOP